白髪の謎 | 北摂の美容室 Gather ギャザー | 大阪 千里中央・茨木

ご予約・お問い合わせ

スタッフブログ
STAFF BLOG

白髪の謎

2017年3月9日

今回は白髪の謎について少し詳しく説明させて頂きます。

若い時から白髪がある人もいれば、年をとってからも黒い髪のままの人もいます。なぜこのような違いが出てくるのか?白髪は改善できるのか?説明していきます。

【白髪は加齢現象】

一般的に、白髪は加齢が原因で現れます。髪はメラノサイトという色素形成細胞の影響で色が付いています。メラノサイトは加齢が原因で減っていくので、年齢を重ねると徐々に白髪が生えるようになります。

しかし、若い時でも何らかの原因でメラノサイトが減ってくると、白髪になってしまいます。

【若白髪の原因】

不規則な生活や寝不足などで、身体に負担がかかると、血行が悪くなって髪の毛を作るのに必要な栄養分が少なくなり、メラノサイトの生成に悪影響を与えます。メラノサイトが不足すると、途中まで黒かったのに半分だけ白髪になるなど、変な生え方をしてくることもあります。ストレスや病気などでメラノサイトが活動出来なくなると、突然白髪が大量に生えることもあります。

また、若白髪の原因は遺伝とも言われています。白髪に限らず薄毛などもその典型で、髪の毛(毛根)は遺伝の影響を非常に受けやすい部位です。若白髪の人で両親、あるいはどちらか一方が若白髪である場合が多いと思います


また、ダイエットなどで食事制限をしていると、髪の生成に必要な栄養素が不足して白髪になってしまいます。

しかし、白髪にはなりやすい体質となりにくい体質もあるので、上記に当てはまる全ての人が白髪になる訳ではありません。


【白髪は改善できるのか?】

一度白く生えてきた髪は自然には黒くはなりません。白髪を目立たなくするためには、染めることが一番手軽な方法です。

ヘアカラーは、白髪染めを使わなければ上手く染めることはできません。白髪は元々色素がないので、普通のカラー剤だと薄いため、色素の濃い白髪染めを使います。これは、無理にカラーを毛髪の内部まで染み込ませるので、長い間続けるとダメージの原因になります。

ヘアマニキュアは、毛髪の表面だけをコーティングするのでダメージは少ないですが、色持ちはよくありません。

ヘナも毛髪の表面をコーティングするものなので、ダメージは少ないです。ただし自然由来のものなので、その日の気温、湿度、または放置時間の長さや、加温する際の温度など微妙な環境の変化で色の出方が違ってきます。

【食事からの改善は?】

白髪を完全に予防する方法は、今のところはありません。食事から予防することもできるかもしれませんが、100%効果があるとは言えないです。

それでも、髪の健康に必要な栄養素を摂ることは、キレイな髪にとってはとても大切なことです。

タンパク質はお肉、卵、チーズなどから、ミネラルは海藻類、ビタミンB2は牛乳、納豆、レバーなどで摂ることができます。

重要なのは、バランスの整った食事をすることです。他にも、野菜や果物でビタミン類を摂ることも、忘れずに。


【白髪は抜かないで!】

白髪があるからといって、抜いてはいけません。抜いても増えることはありませんが、毛根を傷つける可能性があります。

そうなると、一時的な白髪で次に生えるときには黒髪に戻るかもしれない髪が、毛根が傷つくことでずっと白いままになってしまうかもしれないのです。

白髪は減らすのではなく、隠すと考えましょう。ヘアカラーやウィッグなど、隠す方法は色々あります。

人によって白髪の量や、多く出ている部分に違いがあります。

一度美容室でカウンセリングを受けて頂く事をお勧めします。

このブログを投稿したスタッフ
秋山 勝彦/ 社長
  • 千里中央店
  • ブログ一覧へ戻る
    店舗カテゴリー
    記事カテゴリー
    月別アーカイブ
    最近の記事
    タグ