紫外線の影響~光老化とは | 北摂の美容室 Gather ギャザー | 大阪 千里中央・茨木

ご予約・お問い合わせ

スタッフブログ
STAFF BLOG

紫外線の影響~光老化とは

2017年5月3日

「紫外線 イラスト 無料」の画像検索結果

紫外線を受けると・・・

【光老化】という言葉を聞いたことがありますか?

これは紫外線が肌の奥まで入り込み、徐々に細胞を壊すことで実年齢とは関係なく老化をしていくという老化現象です。

紫外線がシミを作ることはご存知の方も多く、最近は若い方でも肌にUVカットの日焼け止めクリームを塗っていることと思います。

ですが実は、肌よりも多くの紫外線を浴びるのは頭皮で、頭皮こそがもっとも光老化が起きやすい場所なんです。

頭皮は太陽に面しているので、当たり前といえば当たり前なのですが、普段髪の毛に覆われているせいか、なかなかその危機感を感じることができません。

光老化が髪に及ぼす影響

まず、紫外線が毛髪の内部のメラニンを分解してしまうため、健康な毛髪であったとしても、赤茶けた色になってしまい、光の加減では白っぽく見えてしまうこともあります。

見た目が不健康な印象や、老けたような印象になるだけでなく、その影響は髪の毛の内部にも及びます。

毛髪のタンパク質を構成するシスティンという結合部分にもダメージが与えられてしまうため、枝毛や切れ毛といった現象がおきます。

頭皮に及ぼす影響

紫外線が髪に与える影響も深刻ですが、頭皮に与えるダメージも相当なものです。髪は赤茶けたりすることで、見た目でもその傷みが確認できますし、パサつく手触りや、乾燥などで、ダメージの度合いをを察知することができます。

しかし頭皮は目で見て確認することが難しく、赤くなったり、ヒリヒリしたりすることで、注意できればまだ救いがありますが、日々紫外線の下でじわじわと細胞が壊されていくことになかなか気付くことができないところが危険です。

髪の毛をつくるもととなる毛母細胞が、紫外線の影響でうまく働かなくなると、抜け毛の原因となるだけでなく、髪の毛そのものがつくられなくなり、薄毛の原因となる可能性があります。

また、頭皮の中の毛根には髪の毛を黒くする細胞があるのですが、紫外線のダメージによりそれが破壊されることで、白髪が発生するともいわれています。

頭皮は髪の毛が育つための大切な土壌なので、その頭皮がダメージを受けると、影響が出るのは髪です。

見えないからといっても、決して油断をしてはいけません。

 

 

 

 

【ギャザー茨木店】
〒567-0825
大阪府茨木市園田町1‐5 A-PARTⅡビル1F
≪TEL≫
072-632-0139
≪営業時間≫
10:00~19:00
カット受付     18:30まで
パーマ・カラー受付 17:30まで
パーマ+カラー受付16:30まで
ストレート受付    16:30まで
≪定休日≫
月曜日(祝日の月曜日は営業)
≪アクセス≫
※電車でお越しの場合
阪急京都線茨木市駅東口から徒歩7分
イオン新茨木店の南正面のビルの1階です。
※JR茨木駅方面のイオン茨木店(マイカル茨木)ではありませんのでご注意ください。

このブログを投稿したスタッフ
秋山 勝彦/ 社長
  • 千里中央店
  • ブログ一覧へ戻る
    店舗カテゴリー
    記事カテゴリー
    月別アーカイブ
    最近の記事
    タグ